iPhone3G いろいろと準備

念願のiPhone 3Gを手に入れ、本格的に弄り出す前に準備というか揃えておきたいモノがあった。それらも手中にし持ち運ぶ準備はほぼ揃った。そしてiPhone 3Gの活用のひとつであるBluetoothによる車の中でのハンズフリー接続もセット。。



まずはiPhone 3Gを持ち運ぶ際に、一番気になる事は『キズついてしまわないか?』である。せっかくのデザイン・アップされた筐体や質感をミスミス汚したくはないものだから。いろいろとiPhone3G用のケースは発売されているので、どれにしようか迷うほどであるが、今のところは持ち運びの利便性より、本体保護を目的にした方が自分的には合っている。持ち運ぶ時は鞄に入れておく使い方であるから。。
というワケで、購入したモノは『パワーサポート』製のAir jacket setである。


クリア・タイプを選択し、極力 装着しています感を無くす。落としても保護するというよりは、iPhone 3Gの背面をスリ傷から守るという目的のモノだ。今まで所有してきたiPodの経験からも、背面のスリ傷は普通に使っていても付いてしまうからだ。そしてそれは痛ましい姿にも見えてしまう。
そして液晶画面が常時露出している前面には付属のプロテクト・シール貼り。


同梱されているシールは、光沢ありのモノとノングレアのモノとの2種類がある。どちらを選択すべきか少々考えたのだが、一般的には反射を押さえるノングレアのモノが良さそうに思える。が、ここはちょっとアマノジャク的発想。。画面がテカって見辛い場合は角度を変えれば良いではないか、もともと前面はテカっているので、その質感は変えたくは無い、、と光沢のモノを選択した。この辺は好みの範囲でしょうけど。。

これで一応の保護は出来た。保護という意味からは完全なる保護にはならないが、自慢ではないがこれを手荒く扱う事は無いし、慌てて落とす事も無いよう大切に扱う意識は高い。万が一落として大けがさせてしまったなら、自分を責める覚悟はついている(笑)。。

さて、次に用意したモノは補助バッテリー。iPhone 3Gの事を見聞しているとバッテリーの保ちが悪いとある。所有してからまだ一週間弱の期間ではあるけど、確かにバッテリーの減りは早い。iPhone 3Gを使わない時は、電源ボタンを一回押すだけのスリープモードにしているだけであるから、内部的にはバッテリーを消耗している。でも仮に電話やメールが着信すれば、iPhone 3Gはそれに反応するので、こうしておくのが一般的だろう。完全に電源をOFFにするには、電源ボタンを長押しして、画面に現れる電源オフのスライダーを操作することをする。しかしスリープモードとは言え、一般的な携帯電話のバッテリーの保ちとは比較にならないほど消耗は早い。
というワケで補助バッテリーが必要。これもいろいろと販売されているが、ついでにもう一つ機能を付加した『TV &バッテリー』を購入した。そうワンセグも見られるというモノだ。


右がその『TV &バッテリー』、非常にコンパクトである。チャージされる量はそれほどでもない、と思われるがiPhone 3Gをそうそう四六時中使うワケでもなく、出先でヒマを弄んでいる時に弄るシュチエーションを考えると、ワンセグ視聴も良いかもしれない、と思った次第。実はiPhone 3Gを購入したsoftbankショップで同時に購入しようとしたのだが、それはアップルストアで扱っています、と言われた。えっ! だってsoftbank製でしょ? と思ったのだが、その時は購入するか否かあやふやであったし、アップルストアにも出かけたいな〜、という思いからそのまま引き下がった。で、アップルストアに行き『Air jacket set』購入のついでに補助バッテリーありませんか? と訪ねると、iPhone 3Gと一体型になるモノしかありません、と。。言い方が悪かったとは反省するが、ここにも無い? となると購入のあやふやな気持ちが『手に入れたい』と少しづつ変化してくる。その足でヨドバシカメラに入ってデモ機を指差して『これください』と言うも、在庫切れです、と。。
こうなると益々『手に入れたい』と思いが強くなる。帰り道の大都市のヨドバシカメラに飛び込むと、ここでも在庫切れ。。こうなれば『絶対ほしい』に心は変化。故に次の大都市の駅に途中下車して、またまたヨドバシカメラ入り。で、ようやくそこでゲット。。
というちょっとした消費者心理を突かれた状態での購入ではあった。


iPhone 3G付属のケーブルでチャージすることになる。故に出先に持ち運ぶのはiPhone 3G本体、TV &バッテリー、ケーブル、と点数が多くなってしまうのが難。


今時の携帯電話は欲しくなくてもワンセグ受信するモノが多い。かくいうワタクシは旧型の携帯電話であるので、これがワンセグ視聴の初体験である。故に比較論はできないが、これによるワンセグ視聴はほんのちょっと時間がかかる。局選択もそうだし、選択した番組が現れるまでに時間がちょっと必要。こんなものなのであろうか?
デジタル放送の受信では、見られるか見られないかの0-100であり、見られる状況ならゴーストもなく奇麗である、とは聞いている (家のテレビもまだアナログである) のだが、これで受信した状態を見ると、ときどきブロック・ノイズが発生する。でもそれは『TV &バッテリー』からWiFi送信される時点でのノイズなのかもしれない。
まぁ〜画質はともあれ、これでヒマ潰しの1手段にはなる、というものだ。

で、次のiPhone 3Gトライアルは、Bluetooth接続による、車でのハンズフリーである。
iPhone 3Gは車でハンズフリーが出来る、とはウスウス見聞していたし、搭載しているBluetoothの規格もヘッド・セット用であるからして期待大で臨んだ。我がステージアも搭載ナビ(carwings)でハンズフリー機能付きである。さっそく日産のcarwingsサイトで確認すると、キャリア別に対応携帯電話の一覧があり、なんとそこにiPhone 3Gがリストアップされていた。そのサイトから設定手順のPDFをダウンロードして、さっそく実行である。


この手順通りに実行して、何の問題もなくハンズフリーが可能になった。


これで車での移動中でも通話・受話が思い通りである。が、タダ友以外はベラポウな通話料である。iPhone 3Gでの電話通話はいまのところ控える作戦である。(何のためのiPhone 3G ??)
なワケで、修理から戻ってきたDoCoMoの携帯電話でBluetooth設定である。修理後は設定が全部リセットされてしまうので、再度の設定が必要とのことであった。今のこの携帯電話も元々は車の中でBluetooth接続によるハンズフリーが主目的でF900iTであった。DoCoMoの携帯電話でBluetooth搭載機種は少ないのである。


このF900iTでBluetooth設定をすると、こんな画面になり先に設定したiPhone 3Gから変更しなくてはならない。どうやら接続機種は一つしか設定できないようだ。。
泣く泣くとは言え、通話はこのF900iTが主であるから仕方無い。これまた益々iPhone 3Gの出番が無い。。
淡々とF900iTとのBluetooth接続設定を行う。


これで元通りにハンズフリーのセットが完了である。その手順書もcarwingsのサイトからダウンロードしたのだが、iPhone 3Gのその手順は16ステップ。に比べてF900iTでは29ステップであった。何を言いたいかお判りであろう。やはりApple製品のユーザーインターフェイスは玉成され完成度が高いのが、ここでも実証された、ということだ。
にしてもガジェット遍歴中、最強のガジェットであるiPhone 3Gであるが、その真価を100%生かしきれないワガ環境が寂しい。。

BlogTopへ戻る