iPhone4Sのその後

電車通勤を始めたので、思わずiPhone4Sの活躍の場が増えた。またこの前などは通話用の携帯電話が電池切れになり、図らずもiPhone4Sで初めての通話をするというハプニングまであり、少しづつiPhone4Sを普通に使うようになってきている。

120128_Title



使うほどにいろいろな機能があることに気が付き、ついにはこんな機能を発見した。

120128_Access

『設定』 > 『一般』 > 『アクセシビリティ』の『聴覚サポート』に『モノラルオーディオ』のON-OFFがあった。文字通りステレオ音源をモノラルにして聴く機能である。ステレオをわざわざモノラルにすることも無いだろう、と思われてしまうが、ワタクシのように片耳が聞こえない者にとっては、この機能がどれほどありがたいものか。。
ウォークマン、iPod以来イヤフォーンを介して音楽を聴く機会が増えたのだが、あたらしもの好きな者としてそれらを手にしてはいるが、イヤフォーンは毛嫌いしていた。ステレオで左右別々の音が鳴っている片方しか聞こえない音楽なんて音楽じゃないんです。聴かない方がマシなほどなんです。
という疎外感に似た感情を持っていたイヤフォーン、音楽を聴くガジェットがこれで解決なんです。もちろんステレオでない分、音の奥行きはなくきっと3Dが2Dのようになった感触でしょうが、もはや日常そのものも音に関しては2D状態なんで、全然問題は無いんです。それより鳴っている音源が全部聞こえることが大切なんです。

ということで、通勤電車に乗っている間、皆さんと同じようにイヤフォーンをして音楽でも聴いてみようか、という気になった。おりしもiPhone4Sの母艦をiMac27に変更しなくてはならなかったから、一旦iPhone4SのデータをiMac27のデータ(iTunesの音楽データである)に置き換えることになる。それに合わせてiTunesの自分のライブラリー用に音楽CDから取り込むことにした。音楽は好きだけどもミーハー度が低いからかヒイキなミュージシャンは少ない。それも大昔の若い時の影響をそのまま引きずっている。

120128_DorisDay 120128_B'z 120128_Twain 120128_Graffiti

120128_Atkins 120128_Twain2 120128_Atkins2 120128_PPM

ざっとこんなアルバムを入れている。知らないミュージシャンも居ると思うが名をあげておくと、『ドリス・ディ』、『B'z』、『シャナイア・ツゥエイン』、『チェット・アトキンス』、『PPM (ピーター・ポール・マリー)』、『アメリカンメグラフィティ』である。全部で192曲。9.9時間の演奏、それでいて1.06GBの容量しか消費していない。
さぁ〜、これをiPhone4Sに詰め込んで、イヤフォーンをして数回の通勤をしてみた。Apple純正のイヤフォーンを使っているが、想像以上に外部の音も聞こえてイヤフォーンをしたままでも不自由はしない。しかしイヤフォーンを外してしまっておく時のコードの始末に少し悩まされる。意外とコシが強いのでコンパクトにならないし、なによりも絡まってしまうのがスマートでない。ということで、対策品の購入であった。

120128_earphone

『smartwrap (日本名・コードマネージャー)』である。本来の使い方は無駄に長いコードを適切な長さになるよう巻き付けて調整する機能になるようだが、ワタクシの目的は、

120128_Hold

こんな具合にイヤフォーンとして使わない時の『まとめ具』として使う。この種の巻き取って長さ調整をする商品は他にも多数あるが、この商品の場合はちょっと工夫する必要があった。

120128_wrap

取説のようにただ巻き付けているだけだと、通し穴がルーズなので全体が緩んできて巻き付けがしっかりしないことになる。従ってワタクシはこのように巻き付けの最後の部分はその前の巻付けループの内側を通すようにして通し穴に入れるようにしている。ロープの弛み止めにありそうな手法だが、効果のほどはもうちょっと様子見が必要だ。

また、iPhone4Sを入手してすぐの頃だから、だいぶ時間は経過してしまったが、iPhone4S本体には『バンパー』をしている。

120128_iPhone

Apple純正のバンパーで白色である。これは万が一ではあるが『落としてしまった』時の保険用である。

120128_corner

こんな具合にガラスの端部を覆うようになるから、ガラスのエッジ当たりで割れが決定的になる防止策である。

このiPhone4Sを胸ポケットに忍ばせて、通勤時は音楽を聴き、昼休みにはメール・チェックとWebサーフィン、会社帰りには帰るコールなどして1日が終わる。しかしこれだけの使用で先々月の請求明細をみてビックリした。データ通信費用が16万円をオーバーしていた。もちろん定額設定しているから実請求はその部分では4千円で済んではいるけど、1日15分ほどのWebサーフィンを21日間しただけで16万円とは恐ろしい仕組みである。しかもそれを定額契約すると4千円で済んでしまうことにも驚きである。それならパケ死の注意発令するより全員4千円で契約する仕組みにしたらどうだ。。全く意味もない料金体系、判りづらい体系はもっともっとスッキリさせてほしい。判りづらい料金体系だからパケ死が発生しているとも言える。

さてさて、久しぶりにiTunes ストアでアルバムでも買ってみようかな〜。。

BlogTopへ戻る