久しぶりなATOK

ジャストシステムがiPhone用に日本語入力システムを組み込んだ『ATOK Pad』を発売開始したので購入してみた。その日本語入力システムに興味があったからである。



言うまでもなくジャストシステムと言えば、ATOKである。日本語用インプットメソッドとして超メジャーであり、ワタクシもその初期の頃使っていた記憶がある。当時は『一太郎』、『花子』といったアプリも愛用していた、と言えばお年が知れるだろうか。。
そのATOKであるが、元来パソコンで長文な文章を書くという使い方も少なかったし、次第にMacの『ことえり』もこなれてきたので、ATOKのお世話になる前に『ことえり』でいいや〜、ということになった。
インプットメソッドは変換効率や辞書の充実などスペック上での機能で選択されるというより、慣れ親しんだ入力法の方が有利に働くと思う。ということで、いまさらATOK ? であるが、ことiPhoneでの文字入力は慣れてもいないし、標準のフリック式はちょっとばかりイラつく。。


例えば、『は』行を選択すると、右回りに『ひ・ふ・へ・ほ』と出るのであるが、指に遮られて『へ・ほ』が見えない。ネイティブな日本人なら『ふ』の次は『へ』、その次は『ほ』と自然と連想されるが如く文字が拾えるのであるが、一瞬ではあるが頭の中で『は』行の文字全部をソートして拾うことになる。せっかく5文字表示になるフリック式であるが、見えない文字のために頭の中で文字拾いをする手間が増えてしまうのだ。


それがATOKのリボルバー式であると5文字中4文字までが十分視界に入る。さらにこの場合だと『な』行にあるハズの『の』のみが見えないので、それは親指の右側に隠れている、と見た目で想像できるので、その親指を右にズラす操作で『の』が選択できるから、頭の中での『な』行唱えはしなくても済む。
四角いサイコロ状のフリック式と、丸いリボルバー式は見た目の違いだけで、同じような操作方法ではないか、と当初はサメて見ていたのだが、文字が具体的に見える数の違いにその差が大きいと判った。
出来ればこのリボルバー式、真ん中を『な』にしてリング状の『な』の代わりに『の』が指に隠れないよう配置されていれば良かったのに。。『な』は完璧に指に隠されてしまうが、だって『な』を触ったんでしょ、で良いと思うのだが。。


更にリボルバー式の良い点は、濁点・小文字がリボルバーから選択できる点だ。標準のフリック式だと一旦 指を離し濁点・小文字のキーを押すことになり2度手間になるが、リボルバー回りをクルクルと指回しする操作で選択できるのが簡便で良い。

と、ワタクシ的にはリボルバー式が気に入ってしまったのであるが、さらには左右の2本指での入力も可能で、


左側のリボルバーで『あかさたな...』の3行分を選択すると、右側にその3行の全文字が現れるというもの。これであれば死角はゼロで文字が目視できるから、『見えたものを選ぶ』という作業に専念できる。これに慣れれば高速入力も可能だろう。


このアイコンから記号や絵文字が選択できる。


携帯のメールで絵文字を使ったことは無いが、文章に感情が乗るからスキな人には たまらないのでしょうね〜。。

という簡単な印象でしたが、これまで以上に日本語入力がし易くなったのは確か。
ちなみにこのATOK Padで文章を作成し、それをコピーした後、iPhone標準のメモ帳に切換えてもペーストできるので、ワンクッションはあるが事実上のインプットメソッドとして使える。
音声通話もメールもiPhoneを使うことは少ないというか、使用頻度ゼロ !! なワガiPhone 3Gではあるが、より便利にしておくためにムダな買い物ではなかった、としておこう。。

BlogTopへ戻る