新しいコーナーを加えた

このサイトの新しい企てとして、3DCGのデータを紹介するコーナーを作った。紹介すると言っても自分自身が作ったPoser用のデータなので、手前ミソなのだが、これからどんどん新作を出そうと、ひとり意気込んでいる。



まずはその新コーナーは、サイドバーのここからアクセスする。


『Poser Datas』という新ページである。行ってもらえば一目瞭然なのではあるが、そこのサムネイルをクリックすると、データを置いてあるサイトに飛ぶ。
いずれも海外のサイトで、英語表示であるけどPoser界では知らぬ者は居ないだろう、ところである。でも『ShareCG』のサイトは ひょっとして頻繁に行ったことがない人も居るかもしれない。その名の通りCG (コンピューター・グラフィック)の各種データをシェアしているサイトである。
有名どころのRenderosityにFree Stuff (フリー配布もの、自由なstaff スタッフ〜ぅ ではない) をアップロードする際は、Renderosityのサーバーにデータを置かずに、データのあるURLを登録する仕組みになっているので、このShareCGを利用する人が多いようである。そこでなきゃダメ〜! ってワケではないだろうが、ワタクシも無難にそこを利用してアップロードしている。ShareCGにデータを置くにはメンバー登録しておかないとダメで、かつ そこから他人のデータをダウンロードするのも、メンバーでないとダメ。メンバー登録は無料であるから、躊躇することは無い。
しかし、英語に弱い日本人は海外サイトというだけで敷居が高いかもしれない。そしてなんでもかんでもメンバー登録が必要だと、個人情報の流出リスクも気になるかもしれない。
という日本人も居るかもしれない、と思うと、自作の3DCGデータを配布するのに、このサイトから直接ダウンロードする方法を組み込んでみようかな、と考えた。。



で、このコーナーを作る際に、ラピッドウィーバーに備わる『ファイル共用』ページを試してみたのだが、それはページ形式が固定されており、テキストのみでの表現しかできない。一般的に3DCGのデータをダウンロードしようかな、と判断する場合、それがどんなものなのか、或は良し悪しの判断はサムネイル画像に頼るケースが大半である。しかるに画像がないダウンロード・ページでは大切な情報を伝えきれず、ページ構成としては失格になる。
しからばラピッドウィーバーでダウンロード・ページが満足に作れないか、というとそうでもなさそうで、ただいま勉強中である。

とりあえず、今回はその勉強の成果が間に合わないので、リンク形式でShareCGに行ってダウンロードしてもらうことにせざるを得なかった。それも取り敢えず、既存のアップ済みのデータだけの紹介であるが、フリー配布しようと思っているデータはそこそこある。当面はその新規フリー配布アイテムもRederosity、ShareCG経由でアップするけど、いつかは本サイトから直接ダウンロードも可能にしたい。

実は海外サイトにアップするために、英語で説明文を作成するのも疲れるし、もっと気楽にアップしたいと思うようになってきたから。。
でも反面、英語圏の人にもダウンロードしてもらい、より多くの人に使ってほしい、と思いもある。Poser人口、それもアクティブな人の数を考えると、日本での人口は少ない方だと思う。
より多くの人に使ってもらいたい、という思いは配布する側の心情だし、醍醐味でもある。
同じ説明文を英語と日本語の両方書くという手もある。でもそれもメンドウ。。と、なにかとメンドウ臭がるのもイケナイ、と反省し、英語での説明をメインに、海外サイトで配布し、本サイトではその紹介を日本語でしよう、と思い立ったワケ。。
しばらくはこのスタイルで運営していこう。なによりも配布を継続することが先決である。

BlogTopへ戻る