今度はMac Proが、、

以前のPowerMac G5 の挙動不審に続き、今度はもう一つのメイン機であるMac Proが、挙動不審になり始めた。起動は正常にするのだけど、稼働の最中に勝手に再起動をしてしまう不具合である。



さっそくWebで同じような現象が報告されていないか検索してみたが、出てきたのはWin機での同様な現象。。こちらはMacなのであまり参考にもせず、とりあえずハード系のイレギュラーと仮定して、それ以上は調べずに処置に入ることとした。


処置とは言え、やることは内部のゴミの除去である。前回のPowerMac G5でも経験しているが、冷却ファンでの吸い込みでゴミが相当溜まっている、と直感したワケ。
屋外に持ち出して、エア・ブローである。
が、思いのほか、ゴミは蓄積されていないよう。。


この写真は全面側の上段のファンの部分。薄らとゴミはあるものの、ファンのフィン部分にはそんなにゴミが絡み付いてはいない。


CPUの冷却フィンを通過した後のメモリー・ライザー部もPowerMac G5の時と比べて、そんなに酷くはない。稼働している時間がPowerMac G5とは違う(短い)から、当然ではあるが。。
しかし、PowerMac G5と同様にCPUの冷却フィンの前面側はフィルターの如くゴミが付いているハズ。
そこをエア・ブローしようとするのだが、今回のMac Proの内部分解はちょっと手強かった。


画像 左の矢印部が冷却ファンが収納されている部分。そして右側の矢印部がCPUのフィン部で、アルミ板で奇麗にカバーされている。ここを分解したかったのだが、


ファン・ユニットは見える範囲でもこのようにビス止めされていた。このビスを外すには上にあるHDDを外す必要があるし、さらにはまだ見えない部分でビス止めされている可能性・大である。では、とCPUのフィン部を見るべく、全体を覆っているアルミ・カバーを外そうとするのだが、


ここまでは外す方向に動くのだが、上の方で何か固定されていそう。。その部分を見るにはグラフィック・ボードを外さないとダメ。想像以上に内部構成機器を分解することになりそうなので、ヒルンでしまう。。PowerMac G5の時はスイスイと分解できたのに比べて、このMac Proはガードが固いのである。
冒頭のタイトル画像はMac Pro本体のカバーの裏面に印刷されているインストレーションであるが、メモリーの追加作業を示すもので、その作業はユーザーでもやっていいヨ、という範囲であろう。確かにそれは簡単に行えるようになっている。HDDの追加作業も簡単であったが、それ以外の部分に手を入れる、すなわち分解は当然ながらメーカー非推奨であるからガードは固い。。
てなことで、今回は深入りせずに、とりあえずそこら中からエア・ブローしたところで終える。もしこれでも不具合が頻発するようなら、本格的に分解法を調べてからにしよう。


で、今日の今の所はMac Proのご機嫌は良さそうである。この調子が続けば良いのだが。何でも多少手を入れれば、それとなく直ったような気がする。重傷になる前の早期発見が基本であり民間療法も効果が見える範疇なのかもしれない。ここしばらくは経過措置である。

BlogTopへ戻る