Mac機の新旧交代

この土曜日に、Mac Proをとりあえずテーブルの上に設置して、我がMac群の配置替えを行った。限られたテーブル面積に、全てのMacを置くのにはもう限界を超している。普段使わないMacは『動体保存』として電源やらモニターなどを接続した状態にしておき、半年に1度ほど起動確認をする。この『動体保存』に今回PowerMac G4を指定し、常時稼働機種をMac mini,、PowerMac G5、そして最新のMac Proの3機種としたわけだ。
ここで、我がMac群の紹介をしておこう。これまでにパソコンはいろいろと所有してきたが、Macだけは捨てずにずっと保管しており、合わせて7機種にもなった。













この写真では全部が見えていないが、『動体保存』状態にあるのは、
Quadra700・・・・・ CPU=25MHz
PowerMac 8500・・・CPU=120MHz
PowerMac G4・・・・ CPU=400MHz
の3機種であり、今回 動体保存にまわったのが、PowerMac G4である。従ってこのG4は、昨日まで稼働していた物であり、その使い方の範囲ではまだまだ現役でもやっていけるのだが、強力な新人の加入により引退という、まさに新旧交代の憂き目をみた物である。
この交代を機に、長年稼働してきたことによる『アカ』を取ってやるべく、掃除をした。


 → 
     冷却ファンに積ったゴミを、ピンセットや綿棒で根気良く取り除く。 
    
このPowerMac G4は、その右側面が下ヒンジで全面開口する。そのトビラになる部分の内側にマザーボードが設置されている。
















良くみるパソコン内部の典型的な風景である。これを見るとPowerMac G5やMac Proの内部構成は着実に進歩していると感じる。このPowerMac G4も当時としては、メンテナンス性が高く、他のパソコンから一線を引いた革新的な位置にいた。ボディにアクリル材を使ったり、取手をデザイン的に融合させた形などが新しかった。

が、今回の掃除で思わぬ弱点も露呈した。アクリル材など樹脂系を多様していることで、このトビラのロック部にもバネ効果がある樹脂を使っているのだが、そのツメ状の部品が折れてしまったのだ。ロック効かすために力強く閉めたことも一因ではあるが、樹脂の経時劣化は避けようも無い特性かもしれない。くれぐれも古いMacを扱う時は注意が必要だ。

ついでにPwerMac G5も掃除した。これはまだ比較的新しい機種であることから、内部に積ったゴミ、チリの類は少なかったが、パソコンの天敵とも言われているタバコのヤニが付いてしまっている。それを可能な限り拭き取り、奇麗になったところで、記念撮影。










この写真で判るだろうか? 以前にMac Proのエントリーで記述した冷却風のコントロールを、このPowerMac G5では透明のアクリル板で巧妙にコントロールしている。すなわち、風の通り道を広くしたり狭くしたりしているのだ。これも一つの方法であるけど、部分的にベンチュリー効果で風の流速が早くなったりで風切り音の発生につながっているかもしれない。起動時には冷却ファンを全力稼働させている設定だが、その時の風音はMac Proに比べて、このPowerMac G5の方が圧倒的に大きい。




そして、Mac遊びのメインの場は、こうなった。


中央に20インチCinema Displayを配置して、その左右にメイン機のPowerMac G5(右)と、新しいMac Pro(左)だ。そして判り難いがMac Proの上にはMac miniがあり、そのディスブレイが左端にある。
20インチのCinema Displayは当初からPowerMac G5とMac Proとの共用、そのキーボードとマウスも2機共用と考えていて、その切替にPrincetonのPKV-02MMを使う予定であったのだが、PKV-02MMはMac miniと寸法を合わせたデザインで意図したように、Mac miniと別パソコンとの切替が標準仕様であった。自環境でもMac miniとPowerMac G4とを切換えて使用していた。
が、それが故に、付属していた接続ケーブルが短く、今回のレイアウトというか、G5やMac Pro相手ではケーブルが届かない、という事態であった。その長いケーブルはオプションで売られているので、購入すればレイアウト的には成立するのだが、もう一点、ディスプレイ用コネクターが合わない、という致命的な支障があった。
すなわち、Mac側はDVIコネクター、PKV-02MM付属のケーブルはミニDサブ15ピン(VGA)なのだ。。その変換コネクターを入手しないと接続できない。

Mac Pro購入時に付属コネクターが一つ同梱されていたが、もう一つ必要なのだ〜。。同じ物をアップルで探すか、市販品を買うしかないが、その市販品は『保証無し』と明記されているシロモノだ。
という訳で、配置は終わったが、まだメイン機が十分に活躍する環境になっていない。
さて、5月の連休に向けて、ケーブル・コネクター類の購入手配をしておくか〜。さもなければ新しい切替器も探しておこう。

Blog Topへ戻る